受給内容と精神科の選定についてのポイント

精神病で働けないとき

ハートと聴診器

精神障害で受け取れる年金

精神障害というのは国が認める立派な障害にあたることから、うつ病で働くことができないときには国のサポートを受けながら生活をすることができます。それが、いわゆる障害年金制度であり、所定の手続きを踏むことで障害年金を受け取ることができるようになります。まず、手続きを始めるにあたって書類を揃える必要があります。一番はじめに取得すべきは初診証明書です。うつ病の診察を初めて受けた病院にて初診証明書を発行して貰う必要があります。これは厳密性が求められるため、初めてかかった病院と現在かかっている病院が異なる場合には、必ず初診の病院で作成してもらうことになります。次に、病歴並びに就労状況等申立書の作成が必要になります。これは過去に遡って作成しなければならなりません。一般的には発病日まで遡って書類を作成しなければならないので、時間をかけてできるだけ詳細に記載することが求められます。期限はないので、うつ病で精神的に辛い場合には休みながら作成することをおすすめします。最後に、障害年金の申請にあたっては医師が作成した診断書が必要です。診断書には3ヶ月の有効期限が設けられているため、書類を受け取ったら出来るだけ早く年金事務所に提出することです。

うつの症状がひどくなり、今までどおりに働くことが困難になったときに申請することができるのが障害年金です。一般的に2級以上の精神障害者に対して年金が支給される仕組みです。障害年金を受け取るためには書類を提出する必要がありますが、その書類の内容が認められると、厚生労働省から通知があります。証書が発行されて障害年金を支給していることが明記された書類が自宅に送付されるので、大切に保管をしておく必要があります。障害年金の支給は、指定した口座にまとめて振り込まれることになります。うつ病であれば精神障害者の障害手帳があれば、さらに障害年金の認定がおりやすくなることから、手順を踏んだ上で申請することが好ましいと考えられています。障害手帳がある場合には申請の際にも手帳の番号の記載をすることが求められています。支払われる年金は1年に1度であり、毎年認定を受ける場合にはそのたびに診断書や所定の書類の提出が必要になります。書類を提出すべき日時に関しては、年金事務所から通知があるので、期限内までに書類を提出することが必要です。もし、うつの症状が寛解し必要がなくなった場合には、申請手続きをしなければ自動的に年金の給付は停止されます。