受給内容と精神科の選定についてのポイント

まずお金の不安を払拭

悩む成人女性

安定した生活環境の中で治療を進めていこう

体の倦怠感や気分の落ち込みなど、うつ病の症状で悩んでいるなら、まず精神科を受診することが大切です。うつ病は治療無しに回復する病気ではなく、放っておくと悪化します。悪化すればそれだけ回復の期間も長引いてしまうため、何よりもまず医療機関で診断してもらい、正しい治療を受けることが先決なのです。また、うつ病が原因での休職、職を失ってしまう方も多く、そうなれば当然お金の問題が発生します。そうした状況において一定の生活費を確保するためにも、精神科への受診は重要になってきます。実はうつ病も障害年金の受給対象であり、しっかりとした診断書があれば一定の金額を支給してもらうことが可能となっています。国民年金加入なら症状の度合いによって、障害基礎年金1級2級のいずれかを受給できます。厚生年金や共済年金であれば3級の単独受給、そして1級2級相当なら、障害基礎年金に障害厚生年金の上乗せ分が加算されます。最低でも年間58万円程の金額は受給可能となるので、困っているなら遠慮せずに申請するのが得策です。手続きには医師の診断書や初診日を証明できる書類が必要になりますが、精神科に受診しうつ病と判定されれば快く作成してくれます。実際に多くの方が受給しているので、治療で回復を目指しつつ障害年金も受け取っていきましょう。

そして、人によって精神科との相性は違ってくるため、施設選びには一定の慎重さが求められます。ある人にはその施設の治療方針が合わなかったとしても、別の人にとっては最良の精神科となることもあります。精神科の選定を行う際には、どういった治療方針を掲げているのか、ホームページなどでチェックしましょう。症状によって適宜薬の処方も行いながら、カウンセリングによる回復を目指す場合もあれば、中には薬を使わない治療を行っているところもあります。うつ病の治療には薬物治療のほか、カウンセリングによる心理療法や運動療法などがあります。また診断においては、光トポグラフィーと呼ばれる、高精度な脳血流測定機器を導入している施設も存在します。より詳しい診断結果を望むのであれば、光トポグラフィーを導入する施設を受診するのも良いでしょう。初めてのうつ病治療となるなら、幅広い治療法を採用している施設を受診して、自分に合った治療を見つけるのも良い選択です。もし施設との相性がいまいちと感じたなら、受診施設を変えるのも回復のための重要な判断となります。薬の処方が合わないと感じたなら、ほかの治療に力を入れている施設を新たに探すもの一つの手段です。自分に合った施設が見つかれば、障害年金で生活を安定させながら着実に回復していけるでしょう。何らかのうつ症状を感じているなら、障害年金の受給も念頭に置いて精神科を探すことをおすすめします。

評価されている便利な制度

診察 精神状態が悪化するうつ病は治すのに手間がかかりますが、そういう問題が起きた時は障害年金が便利です。支援制度を利用すれば十分な収入を得られるため、うつ病になって困っている方の問題に効果的に対応できます。

詳しく見る

支援制度を使う時の準備

悩む成人女性 精神状態がおかしくなってしまううつ病は治療が難しく、長期間良い状態にならない場合があります。障害年金はそのような時に利用しやすい制度で、審査に通れば十分な生活費を得られるのでうつ病になった方でも安心して暮らせます。

詳しく見る

精神病で働けないとき

ハートと聴診器 所定の書類並びに診断書を年金事務所に提出することで、審査された上で障害年金が認可されます。うつ病は精神障害に当たるため、現行の制度では障害年金の対象となります。手順にそって手続きをすることが好ましいです。

詳しく見る

病気で生活に困った時

悩む成人女性 重いうつ病にかかってしまい仕事に行くことが出来ず、収入が途絶えてしまい困ったことになった時に役に立つのが障害年金です。受給資格者は、国民年金や厚生年金に加入していることが条件になります。一人で悩む前に医師と相談されることが良い方法です。

詳しく見る